Solar Sharing for Farmers 次世代農家のためのプラットフォーム

FAQよくある質問

役に立つ制度

FIT制度とは

 FIT(フィット)は「Feed in Tariff、フィード・イン・タリフ」の略称で、「固定価格買取制度」とも言われます。FIT制度は、再生可能エネルギー(太陽光発電、風力発電、小水力発電、バイオマス発電、地熱発電)で発電した電気を、電力会社(小売電気事業者)が一定期間固定価格で買い取ることを国が約束する制度です。2012年7月に施行されました。買取期間は最長20年です。(住宅用など出力10kW未満の設備については余剰電力買取となり、買取期間は最長10年となります)

 この制度では、小売電気事業者が発電事業者から電気を買い取る際の費用の一部は「再生可能エネルギー発電促進賦課金」という形で電気料金に上乗せされて国民が負担しています。従って、電気の「環境価値(二酸化炭素削減効果等含む)」は国民が持っているという考え方になります。国民が費用の一部を負担することで、小売電気事業者は火力発電などと比べてまだコストが高い再エネを購入しやすくなり、再エネが安定的に購入されるようになるため、再エネ発電事業者は、事業の持続的な運営と普及を行いやすくなる、という仕組みです。
経産省資源エネルギー庁HP参照
https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/kaitori/fit_kakaku.html

一覧へ戻る