Solar Sharing for Farmers 次世代農家のためのプラットフォーム

FAQよくある質問

役に立つ制度

FIP制度とは

 FIP(フィップ)は「Feed in Premium、フィードインプレミアム」の略称で、発電事業者が再生可能エネルギーで発電した電力を卸電力取引市場で自由に売電させ、そこで得られる売電収入に「あらかじめ定
める売電収入の基準となる価格(FIP価格)と市場価格に基づく価格(参照価格)の差額(=プレミアム)×売電量」の金額を上乗せして交付する制度です。2022年4月から開始されます。

 FIT制度のように、固定価格で買い取るのではなく、再エネ発電事業者が卸市場などで売電した時、その売電価格に対して一定の補助額(プレミアム)を上乗せすることで、再エネ導入を促進します。プレミアム分は電気使用者から徴収する賦課金で賄われますが、FIT制度と比べると比較的少ない金額に抑えることができます。さらに、参照価格は一定期間(1カ月~1年程度)毎に変更することで、事業者の投資予見性確保と、市場価格を意識した発電行動促進の両立が実現できるとしています。

 また、「卸電力市場」のほかに「非化石価値取引市場」もあり、①卸電力市場で電気を売って得た収益+②非化石価値取引市場での収益となりますが、一方で、再エネ発電事業者は発電する再エネ電気の見込みである「計画値」を作り、実際の「実績値」と一致させることが求められます。これを「バランシング」と言いますが、計画値と実績値の差が出た場合には、再エネ発電事業者はその差を埋めるための費用を支払わなければなりません。
経産省資源エネルギー庁HP参照
https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/kaitori/FIP_index.html#fip_more

一覧へ戻る